ダイエット48日目_ダイエットの敵は家庭内にあり

さのくに氏ダイエット48日目経過

今週は八重洲界隈で勤務。
誘惑がいっぱいの一週間をさのくに氏は無事に乗り切れたのか。

身体測定結果

測定日時:4/22(土)朝
体重:84.6kg(-1.2kg)
体脂肪率:31.20%(-0.8%)
腹囲:96.0cm(±0.0cm)
※()内は先週からの増減

ルール達成度

  • 飲酒は週2回まで。お誘いがあった週は3回までOKとする。
  •   →NG。日、月、火、金、土と、飲酒日の方が多い始末。

  • 1日の飲酒量は、日本酒2合程度までとする。飲むときは酒と同量以上の水。
  •   →OK。回数は多かったものの、量は少な目。

  • 平日の夜はまいけるが作ったご飯を食べる。
  •   →NG。水曜日にルール違反。後述する。

  • 昼は自由だが、大盛、揚げ物は週1回まで。
  •   →OK。つじ田で大盛り1回、白エビ亭で揚げ物1回。ぎりぎり。

    1週間の振り返り

    今週はルールも守らないし、飲みの後にラーメン食べたり、
    ダメダメな感じの週だったのだが、何故か体重は減少。
    ただし、測定前日に飲酒したため、ただの脱水状態だった可能性大。
    今月末の目標は84kgなので、ぜひ達成して欲しい。

    ——————————————

    ダイエットの敵は家庭内にあり

    意志力の話を以前したとおり、
    意志力(我慢する力)には限りがあって、使い切ると欲望が暴発する
    それは、ダイエットしている本人に限らないことなのだ。
    週半ばのルール違反はほかでもない、理性を失ったまいけるが主導したものであった。
    ことの顛末はこうである。

    たまたま、まいけるの職場近くで仕事だったさのくに氏。
    私が仕事を上がった時点で、近くにいるとのことだったので
    待ち合わせて一緒に帰ることに。

    まいける「お腹すいたね~食べて帰りたいくらいだよ~」
    さのくに氏「でも作り置きのおかずがあるよね」
    まいける「そうだね。帰るか。」
    さのくに氏「うん。」

    ・・・いやにアッサリだな。いつもなら粘るのに。と思っていると

    さのくに氏「実はさっき、つじ田食べた」※つじ田=つけ麺
    さのくに氏「だからあんまりお腹すいてないの」

    まいける「・・・おいこら」
    さのくに氏「あまりの空腹に耐えきれなかった。でも普通盛にしたよ!!
    まいける「まぁそんなときもあるか。では帰るか。」

    おとなしく駅に向かって八重洲地下街を歩いていると、
    「白えび亭」の看板が目に飛び込んできた。
    あ、アレ、さのくに氏が富山出張で食べてたやつだ。
    白エビの天ぷらをお土産に買ってきてくれたけど、揚げたて食べてみたい。
    そして土産では持ち帰れなかった刺身も食べたい。
    さのくに氏はつじ田食べてご満悦かもしれんが、私は腹が減っているのだ。
    残業だってしている。毎日頑張って生きている。

    まいける「・・・アレ、タベル
    さのくに氏「OK。奢るよ」

    まいけるの我慢力はゼロになった
    素早く白えび亭に滑り込み、白えび天丼を選択(食券制)。刺身は遠慮。
    さのくに氏もちゃっかり、白エビ天ぷら単品を購入。

    さのくに氏「刺身も食べようよ。奢るよ」
    まいける「じゃあ食べる!(なんでこんな気前がいいんだろう、ま、いいか)」

    席について一呼吸。

    さのくに氏「実はさっき、嘘をついた。つじ田は大盛り食べた
    まいける「すみませーん、ビールもください

    まいけるの最後の理性は吹き飛んだ。
    なぜすぐにバレる嘘をつくんだ。ちゃっかり自分の分のビール頼んでるし。
    もうどうでもいいか。奢りの酒はうまい。

    image

    ダイエッター本人だけでなく、支援者の意志力もコントロールしないと
    ダイエット成功は難しい、と痛感した夜だった。
    なお、白えびは非常に美味だった。

    それでは今晩は白えび料理と共にお別れです。

    白えび天丼。揚げることで繊細な味わいがぎゅっと濃くなる。
    image

    白えび刺身。専用刺身醤油で食べる。旨い。
    image

    コメントする