郷愁のコロンビア飯_アヒアコの作り方

ふるさとは何処

まいけるには故郷(ふるさと)がない。

・・・というと語弊があるのだけれど、
「郷里はどちらですか」と訊かれるといつも少し困ってしまう。

そもそも、故郷(ふるさと)とは何ぞや。
調べると、こうある。

その人に、古くからゆかりの深い所。生まれ(育っ)た土地や以前に住み、またはなじんでいた場所。

まず、まいけるが生まれたのは南米、コロンビアという国。(両親は日本人)
コーヒーとエメラルド、そして麻薬カルテルが名物。
5歳の時に日本へ来た。幼かったので、覚えていることは少ない。
ここが故郷、というのには少し縁が薄すぎるような気がする。

日本へ来てから、ほんの少しの間、都内に住んでいたが、
すぐ埼玉に越し、それからずっと実家は埼玉にある。

では、埼玉が故郷なのでは?
実は、これもしっくりこない。
小中高大、いずれも都内の学校に通っていた。
故に、埼玉には全く友人はおらず、休日に友人と遊びに行く先も勿論、都内。
つまり、埼玉に思い出はほぼない。馴染みがまるでない。

では、都内が故郷なのか
馴染み深さでは都内がダントツなのだが、
殆ど住んでもいないのに「ここが故郷です」と名乗るのはなんだかおこがましい気もする。

そう考えると、自分の故郷がわからなくなってしまうのだ。

別のアプローチをしてみよう。
「郷愁」という言葉がある。ノスタルジア。懐かしさ。帰りたくなる気持ち。
これを感じる場所こそが、まいけるの故郷なのではないか。

独身の頃、辛いときや優しい気持ちになりたいときに
思いを馳せるのは、不思議とコロンビアであった。
(今では、夫の待つ家。)

私をお風呂に入れてくれた、お手伝いさんの大きな手と謎の歌
近所の映画館が爆発した音で目覚めた朝、
過剰なスキンシップの幼稚園の先生、
大きな人形をみんなでタコ殴りにした誕生日・・・
(中南米では、ピニャータという人形の中にお菓子などを詰め、
 みんなで割って、誕生日、年末などをお祝いする習慣がある)

思い出すと穏やかな気持ちになるとともに、二度とは戻れないのだという淋しさを感じる。
これこそ、郷愁ではないか。

うむ。まいけるの故郷は、コロンビアで決定ということにしよう。
そうとなったら、なんだか急に思い出の食べ物が食べたくなった。

作ります。(やっと)

アヒアコ(ajiaco)の作り方

アヒアコ(Ajiaco)とは、コロンビアの代表的な料理。
クリームの入ってないクリームシチューのような・・・
そんなに頻繁に食べた記憶はないのだが、
子供の舌にも優しく食べやすいスープなので、とても好きだった。

【材料】(3~4人前)

・水・・・900ml
・骨付き鶏もも・・・1本
・ネギ・・・1/2本
・男爵イモ・・・250g
・メークイン・・・150g
・パパ・クリオージャ(アンデスポテト)・・・250g
・トウモロコシ・・・・1本
・マギーブイヨン(固形)・・・1個
・パクチー・・・適量(パウダーでも生でもOK)
・塩・・・適量
・アボカド・・・1個

とにかくジャガイモが主役のスープである。
中でも「パパ・クリオージャ(papa criolla)」と呼ばれるイモは欠かせない。
まいけるの母曰く、「これがないとajiacoではない」。
確かに、パパ・クリオージャって独特の甘みがあるのだ。大好物だったのでよく覚えている。
小さくて、中身は濃い黄色、皮ごと揚げたものをよく食べていた。
コロンビアでもまぁまぁ高いイモらしい。

本当はグアスカス(guascas)というコロンビア産の謎ハーブも入れるらしいが、日本ではほぼ手に入らない
(粉末なら手に入る、という情報もあるがいまいち何処に売っているのか不明)
母曰く、「特になくてもOK」とのこと。

image

主役のジャガイモは、3種類使う。クリオージャ、サバネラ、パストゥーサ。
煮崩れする種類と煮崩れしない種類を混ぜて使うのがポイント。
日本では手に入りづらいので、代用する。
まずはお馴染み、男爵イモ。煮崩れ要員だ。
image

次に、煮崩れしづらい、メークイン
皮が剥き易くて好き。
image

そしてアヒアコの主役、パパ・クリオージャ
流石にスーパーには売っていなかったので、楽天で冷凍ものを入手した。
インカのめざめ、とかでも似た感じになるかもしれない。
余談)パパとはスペイン語(南米ver.)でジャガイモという意味だが、アクセントによって意味が変わる。
パパ(papa)と、前にアクセントが来るのがジャガイモ。(もしくはローマ法王。)
パパ(papá)と、後ろにアクセントが来るのはお父さん。
image

では、始めていこう。
まずは適当な大きさに切った長ネギと、骨付き鶏もも肉を煮ていく
中弱火で20分くらい。肉が硬くならず、でも出汁は出るくらい。
胸肉を使うレシピも多いようだが、
「骨付き肉以外はNO」と母から念を押されてしまったので、骨付きもも肉を使用。
母から直接言葉で教わった人生の教訓は、2つくらいしかないのだが、そのうちの一つが、
「肉はできる限り骨付きで調理しろ」というものである。
ちなみに、もう一つは、
「貴重品は肌身離すな。100%盗られる。」
image

煮えたら、鶏肉はボウルなどに取り出しておく。
image

鶏肉を先ほどまで煮ていた鍋に、トウモロコシを投入。
15分ほど煮る。
image

煮ている間に、先ほど取り出しておいた鶏肉を細かく裂いていく
特にアヒアコの正式レシピというわけではないが、
骨からまだ出汁が出そうだったので、骨と軟骨は鍋に戻した
image

トウモロコシが煮えたら、これまた取り出しておく。
image


イモの登場。まずは男爵とメークインを入れる。ついでにマギーブイヨンも入れる。
皮は剝いて、小さめに切っておく。20分ほど煮ると、男爵だけ煮崩れてくる。
image


そこで、パパ・クリオージャを冷凍のまま鍋に入れる。
image


10分もすると、こんな具合に煮えてくる。
皮の口当たりが悪そうだったので、煮えたパパ・クリオージャから順に
小さいトングでつまんで皮を取り除いた。結構面倒。本当はどうやるんだろう。
image

好みの状態までイモを煮たら、鶏肉とトウモロコシを鍋に戻して温める。
刻んだパクチー(スペイン語ではシラントロ)も加える。生より乾燥のもののほうが口当たりは良い。
ここで塩加減も調整。
image

トウモロコシは食べやすいように竹串を刺しておいた。
付け合わせのアボカドはただ切るだけ。
皿に盛ったら、完成だ!!
image

この味!!
一口食べるたびに、懐かしさが溢れてくる。
控えめに言って、非常に美味しい。
(思い出補正の可能性がかなりある。さのくに氏の感想は「フツー」、であった。)
image

こんな風に、付け合わせのアボカドを入れて一緒に食べたり、
生クリームをかけたりもする。
アヒを合わせてもいいな。(アヒについては、休みの朝はステーキ_アヒとワカモレを参照のこと。)
image

まいけるは大満足だったが、作るの面倒だし、
さのくに氏の反応もそんなに良くないので、しばらくはお蔵入りかな。
次はエンパナーダでも作るか。

コメントする