第42回_つくりおき_器・配膳がわからない

つくりおき献立

ひどい日曜日だった。
やる気出ず、つくりおきの調理中に台所放棄
昼食はインスタントの焼きそばにしようと湯を沸かすも、
何故か容器ではなく左手に熱湯を流しかける。(しかも2週間前に火傷した部位に)
ご飯を食べてベッドへダイブ。寝ていると物音。
今度はさのくに氏が温泉卵を床へダイブ
何もかも、低気圧が悪い

そんな中、苦し紛れに作ったのがこちらです。
3品。


– ひじきとごぼうのファイバーサラダ
– 手綱こんにゃくの梅おかか煮
– ズッキーニのナムル

image


つくりおきルールと振り返り

・緑黄色野菜、キノコ類、豆類、ナッツ類、魚介類、海藻/こんにゃくの中からを3つ以上をおかず入れる。
 →1. 緑黄色野菜:にんじん、ズッキーニ
 →2. きのこ類:なし
 →3. 豆類:枝豆
 →4. ナッツ類:ごま
 →5. 魚介類:なし
 →6.海藻/こんにゃく類:ひじき、こんにゃく

・揚げ物のおかずは1種類まで。
 →なし

意外にも、Clear.
このひじきとごぼうのファイバーサラダはお助けメニューである。
バランスよく食材が入っており、日持ちもする。

ちなみに、何故かこんにゃくを2パック開封してしまい、
大量の梅おかか煮ができてしまった。

何をやっても駄目なときは、ゆっくり休むに限る

————————————–

器・配膳がわからない

―― 配膳が苦手である。というより、わからない。

まいけるの実家では、和食があまり出されなかったためか、
1人前ずつの配膳、という習慣がなかった
大皿料理が2つ、3つ、食卓の真ん中に置かれ、
個々の食器と言えば茶碗に、スープ、取り皿くらいのものであった。

器も、物自体は今思えば良いものだったようだが、
盛る料理の和洋中関係なく、ほぼ常に洋皿だった。

長いこと、特に気にせず生きてきたのだが、
結婚して間もないころ、自分の選んだ器に自分の思うように
料理を並べたところ、珍しくさのくに氏から「異議あり」の挙手。

「大皿に盛るのは良いけれど、何もかもはさすがに・・・」と。
さのくに氏の実家では、基本的におかずは個別の皿に配膳されていたという。
よく考えたら、そうだ。
居候先のお宅でも、大体そうであった。

TwitterやらInstagramやらを開いても
「店かな?」というくらい、美しく器が配された食卓の様子が流れてくる。

私ひとり、暮らしているのであれば何を気にすることもない、
なんなら袋めんを鍋から直接食べるような人間であるが、
さのくに氏は見た目も大切にするタイプ。

指摘を受けたときは仕事が忙しすぎて、
そもそもすぐに食事を作らなくなったので、その件は有耶無耶になっていたが、
ここ1年、真面目に料理をするようになって、また明るみに出てきた。

さのくに氏に楽しく夕食をとって貰うためにも、
自分の配膳のモチベーションのためにも、まずは食器を買おう、と決心。
(今まではニトリの皿でごまかしていた)
そうして勢いだけで合羽橋へ行ってきた結果がこちらである。

image

なんとなく「いいな」という気分のみで購入したため
使いどころをあまり想像できていなかったが、無いよりはずっといいだろう。

そういうわけで、
1人前ずつの配膳というものをようやく、始めた。

〇ポークソテーとズッキーニのカルパッチョ
image

〇豚肉のクミン炒めとアボカドクミン風味
image

〇焼き魚とイモなど
image

・・・・どうも、センスがない。
まぁそもそも献立自体、和洋中その他が入混じっているのだが
それにしたって何だか統一感がない
焼き魚の日は、イモを盛るのにちょうどいいものがなく、
カスエラに盛る始末。
そもそも、魚を盛る皿すらない。

どなたか、器の選び方、配膳の仕方のコツを教えてくださいませんか
もしくはそれについての書籍など。

ステキな食卓には、まだまだ遠いようである。

コメントする