アミガサタケ料理_その2_アミガサタケアイスクリーム

前回書いたように、アミガサタケを頂いた

王道料理もよいけれど(まぁそれさえ満足に作れないのだが)
こんなにアミガサタケを使える機会は、おそらく当分、ない。

折角だから何か変わったものに挑戦したい。
という素人の思い付きで、何かスイーツ的なものに使えないかと色々考えた末・・・

・一般に、アミガサタケは生クリームやバターなどの乳製品と相性が良いとされる。
・知り合いのシェフからの「甘いのに合う」という助言。

むむむ。
この情報を組み合わせると・・・

アイスクリーム、いけるんじゃないか?

よし、行ってみよう。
————————————————————

アミガサタケアイスクリームのレシピ

基本のアイスクリームのレシピは、おなじみ、白ごはん.comさんを参考にした。
そもそもアイスクリームを自分で作るのが初めてである。
手作りアイスクリームの簡単レシピ/作り方
http://www.sirogohan.com/recipe/aisu/

【材料】

・牛乳・・・300ml
・生クリーム・・・100ml
・卵黄・・・3個分
・グラニュー糖・・・75g
・アミガサタケ・・・小さめ3本

image


まず、アミガサタケを牛乳で戻す。
今回は、イエローモリーユを使用した。
image


30分ほど置いたら、切り開いて中身をチェック。
アミガサタケを取り出して、出来るだけ細かく刻む。
フードプロセッサーでペーストにしてもいいのかもしれないが、
出すのが面倒だったのでやめた。
image


卵黄とグラニュー糖をよく擦り混ぜる。
image


こんな風に白っぽくなったらOK。
image


鍋に、先ほどアミガサタケを戻した後の牛乳を入れる。
細かいゴミを取り除くため、茶こしを使用。
image

刻んだアミガサタケを加えて、沸かす
アイスクリームって本来沸かしちゃダメらしいけど。
前回書いたようにアミガサタケは生では毒性があるので、沸かす
image


少し、牛乳を冷ましたら、卵黄とグラニュー糖を合わせたものに注ぐ。
image

冷凍庫に入るくらいの容器に入れる。
こうしてみると、ただの美味しそうなアイスの素。
しかし、底の方には大量のアミガサタケが沈んでいる。
image

冷凍庫に入れて2時間ほど。
周りが固まってきているので、混ぜる。
その後は30分置きに空気を含ませるようによく混ぜる。
それを4回、繰り返す。
image

じゃーん。(一晩置いた)
・・・・なんだこれ。
カチッカチ。
混ぜ方が甘かったのか?乳脂肪が少なかったかな。
それにしても、どーすんだこれ。カッチカチだよ、カッチカチ。
この凸凹がまた凶器感すごい。
image


ぐぐぐぐ・・・
全身全霊の力を込めてスプーンで削る。
スプーン折れそう。
image

なんとか、表層の削りかすを集めたものがこちら。
image

おっ・・・・。
うーん。
アミガサタケの旨味的なものはほんのり感じる
冷えているからか、アミガサタケ風味はかなり弱め。
しかしそれ以上になんか・・・なんだ。
生焼けのパンケーキみたいな粉っぽい風味がする。
これがアミガサタケ由来なのか、私の作り方がマズかったのかはちょっとわからない。
食べ進められるけれど、ちょっと人には出せない程度。
image

あっ。
いいものがあった。
マデラ酒。
アミガサタケはソース・マデラに使うくらいだから、
相性はいいはずだ。
image

すこーしだけ加えてみた。
これは当たり。
粉っぽさはどこかへ消え失せ、お店味のアイスクリームになった
マデラ酒を入れすぎると、風味が消えてただのマデラ酒アイスになってしまうので
ほんの少し入れるのがおすすめ。
image

普通に美味しい。
(でもアミガサタケ効果は薄いような・・・比較用を作ればよかった)
というわけで・・・

結論:アミガサタケアイスクリームにはマデラ酒を入れれば、アリ!
ただしアミガサタケ風味は薄いので敢えてやるほどではないかも?

1点注意がある。
アミガサタケは加熱調理したものでも、
アルコールとともに食べると酔いを深め、悪心や嘔吐の原因になるともいわれている。

今回は少量だったせいか特に体調に変化はなかったが、
もし同じように試される方は、
マデラ酒を加熱してアルコールを飛ばしてからの方がよいと思う。

アイスクリームがカチカチになってしまったのが
何とも残念な今回の実験。
今度、まずは普通のアイスクリームを練習しようと思う。

コメントする