第38回_つくりおき_つくりおきのやる気を取り戻せ

つくりおき献立

今更だが、先週の分のつくりおきを更新する。(今週はおやすみ)
全10品。

– 味噌漬け卵
– 酢醤油卵
– さっぱり塩キャベツ
– 鶏手羽のさっぱり煮
– ほぐし鶏胸
– ナスとミニトマトの揚げびたし
– ラー油ナス味噌
– タケノコのアンチョビバター焼き
– かぼちゃのグリル
– カブのゆかり炒め

image

つくりおきルールと振り返り

・緑黄色野菜、キノコ類、豆類、ナッツ類、魚介類、海藻/こんにゃくの中からを3つ以上をおかず入れる。
 →1. 緑黄色野菜:トマト、かぼちゃ、ナス
 →2. きのこ類:なし
 →3. 豆類:なし
 →4. ナッツ類:ゴマ
 →5. 魚介類:アンチョビ・・・・
 →6.海藻/こんにゃく類:なし

・揚げ物のおかずは1種類まで。
 →ナスとミニトマトの揚げびたし

ギリClear?(アンチョビをカウントすれば・・)
色味もいまいち。味もいまいち。
何も考えずに献立を考えてしまった。
繊維質が足りない感じ。
正直、つくりおきに対しての情熱がこのごろ下火だ。
これについては、下に詳しく書くとする。

————————————–

つくりおきのやる気を取り戻せ

つくりおきのやる気がいまいち、なくなってきたのだが
原因は割とはっきりしている。

<つくりおきのやる気低下の原因>

・つくりおきに取られる時間が多すぎて、他のやりたいことができない。
・(出来立てと比べて)あまり美味しくない。
・消費するプレッシャーが重い。急な残業や出張、飲みの誘いにストレスを感じる。

これに対して、あまりにも簡単すぎる対応策を考えた。

・品数を減らす
10品程度作っていたおかずを4~5品に変更する。

これだけ。

・品数が減れば、自ずとつくりおきに取られる時間は減る
・その分、1品、1品に丁寧に向き合えるので美味しく作れる(はず)。
・もちろん、この品数だけでは夕食すべては賄えないので、
 余裕があるときは、1品、メインだけを食べる当日に作る
・これで出来立てを味わうこともできる。
・当日食べる分の材料は、帰りが早いさのくに氏にお願いする。
・余裕がない日は冷凍しておいたおかずや、納豆、豆腐、メカブ、汁物などで補う
・品数を少なくしたので、急な予定変更にも対応可能
・休日に趣味として作った自家製麺なども積極的に消費していく。

こんな感じでどうだろう。
今度の週末から、この方式で(方式というほどではないが)ちょっとやってみようかな。

危惧されることとしては、食べる当日に何かを作るのが面倒になる、という点。
料理初心者なので、スーパーの売り場の様子を見て
ささっと献立を思いつき、レシピも頭に浮かぶ、なんてことはない。
豆腐と納豆ばかり食べることになるかもしれん

今週はつくりおきをしていないので、
練習がてら、平日にちょっと料理をすることにする。

皆、帰宅してからちょちょいと夕食を作るの、すごいなぁ。
まいけるにはまだまだ、真似できそうにない。

コメントする